埼玉 ふじみ野 プール死亡事故から14年 市長「風化させない」

埼玉 ふじみ野 プール死亡事故から14年 市長「風化させない」
k10012542961_202007311226_202007311329.mp4
埼玉県ふじみ野市のプールで、小学生の女の子が、ふたが外れた吸水口に吸い込まれて死亡した事故から14年となる31日、地元の市長が花を手向けて再発防止を誓いました。
平成18年の7月31日、ふじみ野市の市営プールに家族と遊びに来ていた、当時小学2年生の女の子が、ふたの外れたプールの吸水口に吸い込まれて死亡しました。

この事故では、本来ねじで固定すべきだった吸水口のふたが、針金で留めただけになっていたことや、プールの監視員が救助の講習を受けていなかったことなどが明らかになりました。

事故から14年となる31日、当時のプールの跡地に設置された献花台にふじみ野市の高畑博市長や市の幹部など6人が訪れ、花を手向けて再発防止を誓いました。

ふじみ野市では事故を教訓に、毎年7月下旬の1週間を公共施設安全点検週間として、市の小中学校などおよそ1万2000か所の点検を行っています。

高畑市長は「起きてはいけないことを起こしてしまったという事実を風化させることなく、公共施設の管理を徹底していきたい」と話していました。