横綱 白鵬が休場 大相撲7月場所

横綱 白鵬が休場 大相撲7月場所
k10012542841_202007311120_202007311121.mp4
大相撲の横綱 白鵬が右ひざを痛めて7月場所13日目の31日から休場することになりました。今場所は2日目から鶴竜も休場していて横綱不在となりました。
ことし3月の春場所で44回目の優勝を果たした白鵬は、今場所は安定感のある相撲を見せて10日目までただ1人全勝で、優勝争いの単独トップに立っていました。

しかし11日目に小結 大栄翔に敗れ今場所初黒星を喫し、30日の12日目には関脇 御嶽海に敗れて2連敗となりました。

この取組のあと白鵬は、足を気にするようなしぐさを何度も見せて、花道を引きあげていました。

白鵬は31日、都内の病院で右ひざの半月板損傷などのため2週間の治療が必要と診断され日本相撲協会に届け出て7月場所13日目から休場することになりました。

白鵬の休場は、ことし1月の初場所以来15回目です。31日に対戦する予定だった関脇 正代は不戦勝となります。

今場所は鶴竜も2日目から休場していて、横綱不在の場所となります。

白鵬「1日も早く土俵に戻れるよう治療」

休場した白鵬は「今はただ1日も早く土俵に戻れるよう、新しいケガと自分の体に向き合い治療いたします」とコメントを出しました。

宮城野親方「本人は残念がっていた」

横綱 白鵬の休場について、師匠の宮城野親方は「今場所4日目の取組で痛めていたが、注射を打つなどして治療していた。きのうの取組で落ちる時に打って悪化した。調子がいいと言っていただけに本人は残念がっていた」と話しました。

来場所については「ゆっくり休ませて間に合わせるようにする」と話していました。