プロ野球 セ・リーグ ヤクルト勝ち首位巨人とゲーム差2.5に

プロ野球 セ・リーグ ヤクルト勝ち首位巨人とゲーム差2.5に
プロ野球はナイトゲーム6試合が行われ、セ・リーグでは、2位のヤクルトが阪神に完封勝ちして、敗れた首位・巨人とのゲーム差を2.5に縮めました。

セ・リーグ

巨人対DeNAは、DeNAが4対2で勝ちました。DeNAは1点を追う7回、代打・嶺井選手と倉本選手のタイムリーヒットで逆転し、9回には宮崎選手の6号ツーランホームランで追加点をあげました。先発の大貫投手は、6回1失点で3勝目、三嶋投手が2試合連続のセーブをあげました。
巨人は打線が12残塁で2得点にとどまりました。

ヤクルト対阪神は、ヤクルトが6対0で勝ちました。ヤクルトは2回、吉田大成選手のタイムリーツーベースヒットで先制し、7回は坂口選手のタイムリー内野安打などで3点を追加しました。ヤクルトの高橋投手は、8回無失点の好投で、今シーズン初勝利をあげました。
阪神は藤浪投手を援護できず、勝率が5割に戻りました。

広島対中日は、延長10回、規定により4対4で引き分けました。中日は2点を追う7回、ビシエド選手の2点タイムリーヒットで同点に追いつきました。広島は4回に堂林選手の7号スリーランホームランで逆転しましたが、2人目の菊池保則投手がリードを守りきれませんでした。

パ・リーグ

ソフトバンク対西武は、西武が6対0で勝ちました。西武は1回、山川選手のタイムリーヒットで先制し、3回と5回に森選手が2打席連続ホームランを打つなど小刻みに得点を重ねました。先発の與座投手は、5回無失点で2勝目をあげました。
ソフトバンクは、プロ初先発の板東投手が、5回途中5失点と打ち込まれました。ソフトバンクは、今シーズン初の完封負けで、連勝が3で止まりました。

ロッテ対楽天は、楽天が4対3で勝ちました。楽天は1点を追う6回、ロメロ選手のタイムリーヒットなどで2点をあげて逆転しました。リリーフした5人のピッチャーが無失点でつないで逃げきり、2人目の久保投手が、今シーズン初登板で勝ち投手になりました。
ロッテは2連敗で、勝率が5割を切りました。

日本ハム対オリックスは、日本ハムが7対3で勝ちました。日本ハムは1回、大田選手からの3者連続タイムリーヒットなどで4点を先制し、3回には、大田選手の3号ツーランホームランで追加点をあげました。先発の杉浦投手は、8回途中1失点で3勝目。日本ハムは、今シーズン初の3連勝です。
オリックスは、先発の山崎福也投手が、4回途中7失点と崩れ、4連敗です。