安倍首相と自民 岸田氏が会食 総裁選や党人事で意見交換

安倍総理大臣と自民党の岸田政務調査会長が30日夜、東京都内で会食し、次の自民党総裁選挙や、党役員人事などをめぐって意見を交わしました。
会食は、自民党の岸田政務調査会長が安倍総理大臣に呼びかけたもので、東京都内のホテルでおよそ2時間行われました。

岸田氏はポスト安倍に意欲を示していて、次の自民党総裁選挙に向けた党内の状況や、党役員人事・内閣改造をめぐって意見を交わしたということです。

また、衆議院の解散・総選挙の時期や、新型コロナウイルス対策などについても意見交換したということです。

このあと岸田氏は、二階幹事長らとの会合にも参加しました。