厚労相が橋本副大臣と自見政務官を注意 “不適切な関係” 報道

厚労相が橋本副大臣と自見政務官を注意 “不適切な関係” 報道
菅官房長官は、厚生労働省の橋本副大臣と自見政務官が不適切な関係にあると週刊誌で報じられたことについて、加藤厚生労働大臣が、2人を注意したことを明らかにしました。
30日発売の「週刊文春」で、既婚者である橋本厚生労働副大臣と自見政務官が不適切な関係にあると報じられました。

菅官房長官は、午後の記者会見で、「副大臣、政務官に対しては厚生労働大臣から十分に注意して行動し、そのうえで、引き続き全力で職務に当たるよう注意したと聞いている」と述べ、報道を受けて、加藤厚生労働大臣が2人を注意したことを明らかにしました。

そのうえで、記者団が、衆議院議員の橋本副大臣が、自見政務官が住む参議院議員宿舎のカードキーを使って出入りしていたと報じられたことについて、事実関係をただしたのに対し、菅官房長官は、「承知していない」と述べました。