名古屋グランパス 独自のPCR検査で全員の陰性確認 新型コロナ

名古屋グランパス 独自のPCR検査で全員の陰性確認 新型コロナ
サッカーJ1の名古屋グランパスは、選手を含む3人が新型コロナウイルスに感染したことを受けて独自にPCR検査を行った結果、全員が陰性であることが確認されたと発表しました。
グランパスでは、先週、選手2人とチームスタッフ1人の合わせて3人が新型コロナウイルスに感染し、今月26日に予定されていたサンフレッチェ広島との試合が中止となりました。

これを受けてグランパスは、選手やスタッフなど100人を対象に、今月27日にクラブ独自のPCR検査を実施した結果、委託先のスタッフ1人の感染が確認されましたが、選手やチームスタッフに濃厚接触者はいませんでした。

そして29日、100人を対象にした2回目のPCR検査を実施した結果、全員の陰性が確認されたということです。

グランパスでは31日、リーグが2週間に1回行うPCR検査を受けたうえで、1日、豊田スタジアムでの柏レイソル戦に臨む予定です。