野党4党首ら 臨時国会召集要求を決定 “審議すべき課題山積”

野党4党首ら 臨時国会召集要求を決定 “審議すべき課題山積”
立憲民主党など野党4党の党首らが会談し、新型コロナウイルスの感染拡大や豪雨災害への対応など、国会で審議すべき課題が山積しているとして、憲法の規定に基づいて臨時国会の召集を求めることを決めました。
会談には、立憲民主党の枝野代表、国民民主党の玉木代表、共産党の志位委員長、社民党の福島党首、無所属の野田前総理大臣らが出席しました。

党首らは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた対策や経済への影響に加え、豪雨災害への対応など、国会で審議すべき課題が山積し、安倍総理大臣と質疑を行う必要があるとして、早期に臨時国会を召集すべきだという認識で一致しました。

そして、憲法53条の規定に基づいて臨時国会の召集を求めることを決め、31日、大島衆議院議長に対し、召集の要求書を提出することになりました。

立憲民主党の枝野代表は、記者団に対し「深刻な危機にありながら、安倍総理大臣は、1か月以上、国会で説明もしなければ、記者会見も行わず、責任と役割を放棄している。感染症や豪雨災害を乗り切るため、必要な立法措置もあり、国会を開かねばならない。この局面で召集に応じないなら憲法を無視する政権だと言わざるをえない」と述べました。

国民 玉木代表「召集しなければ総理は国民見捨てることに」

国民民主党の玉木代表は、記者団に対し「『Go Toトラベル』や夏休みの人の移動で、8月が『感染爆発月間』になる可能性がある。抜本的な検査体制の拡充や休業補償を行うため、感染症法や特別措置法の改正が必要だ。今臨時国会を召集しなければ、安倍総理大臣は国民を見捨てることになる」と述べました。

共産 志位委員長「お盆休み返上で国会を」

共産党の志位委員長は、記者会見で「新型コロナウイルス対策で、このまま手をこまねいていては早晩、医療崩壊になりかねない事態だ。お盆休みもすべて返上し、直ちに国会を開くべきだ。国民的な世論を起こし、速やかな開会を勝ち取りたい」と述べました。

社民 福島党首「総理に説明責任ある」

社民党の福島党首は、記者団に対し「安倍総理大臣は、新型コロナウイルス対策や、豪雨災害への対応などをどうするつもりなのか、説明責任がある。国民の命がかかっていることから逃げるのはおかしい。国民の応援を得て、国会の開会を勝ち取りたい」と述べました。