山口俊 リリーフで4失点 2試合連続で負け投手に 大リーグ

山口俊 リリーフで4失点 2試合連続で負け投手に 大リーグ
大リーグ、ブルージェイズの山口俊投手は29日のナショナルズ戦で、延長10回にリリーフ登板しましたが、4失点の内容で大リーグ移籍後、2試合連続で負け投手となりました。
ブルージェイズは新型コロナウイルス感染拡大の影響でカナダ政府から本拠地トロントでの開催が許可されず、この試合はナショナルズの本拠地、ワシントンで行われました。

試合は両チーム無得点のまま延長に入り、山口投手は、ノーアウト二塁から攻撃が始まるタイブレーク制の10回、6人目で登板しました。

山口投手はいきなり連続フォアボールを与えてノーアウト満塁のピンチを招き、ここから2人続けて三振を奪いましたが、続くバッターに内野安打、さらに満塁から走者一掃のタイムリースリーベースヒットを打たれて4点を失いました。

ブルージェイズはこのまま0対4で敗れ、山口投手は1回を投げてヒット2本、フォアボール2つ、奪った三振は2つ、4失点の内容で負け投手となりました。

山口投手は26日の大リーグデビュー戦でもタイブレーク制の延長で登板し、負け投手になっていて、移籍後2試合続けて厳しい結果となりました。