プロ野球結果 ソフトバンク3連勝 パリーグ最速の20勝

プロ野球結果 ソフトバンク3連勝 パリーグ最速の20勝
プロ野球はナイトゲーム6試合が行われ、パ・リーグは首位のソフトバンクが3連勝でリーグ最速の20勝に到達しました。

パ・リーグ

▽ソフトバンク対西武はソフトバンクが4対2で勝ちました。
ソフトバンクは1回、今宮選手の犠牲フライと栗原選手のタイムリーヒットで2点を先制しました。さらに2回には周東選手の犠牲フライ、5回には柳田選手の10号ソロホームランでリードを広げました。先発の和田投手は7回途中2失点で3勝目をあげました。ソフトバンクは3連勝です。
西武は先発の松本投手が5回4失点と精彩を欠きました。

▽ロッテ対楽天は楽天が5対1で勝ちました。
楽天は1回、浅村選手の12号ツーランホームランで先制し、5回にロメロ選手のソロホームランで追加点をあげるなど小刻みにリードを広げました。先発の涌井投手は7回を3安打1失点の好投で自己最多に並ぶ開幕5連勝を飾りました。
ロッテは打線が4安打とふるわず勝率5割に戻りました。

▽日本ハム対オリックスは日本ハムが6対2で勝ちました。
日本ハムは同点の7回、近藤選手のタイムリーヒットと大田選手のタイムリーツーベースで2点を勝ち越しました。近藤選手は8回にも2点タイムリーヒットを打ち、この試合4打点の活躍でした。7回途中から登板した3人目の玉井投手が3勝目をあげました。
オリックスは3連敗です。

セ・リーグ

▽巨人対DeNAはDeNAが3対2で勝ちました。
DeNAは3回、梶谷選手の7号ソロホームランで先制し、5回に高城選手の2号ツーランホームランで追加点をあげました。先発の濱口投手は6回途中を2失点で2勝目。リリーフ陣が粘り、9回を投げた三嶋投手がプロ初セーブをあげました。
巨人はチャンスで攻めきれず、6回に出た丸選手とウィーラー選手のソロホームラン2本での2得点にとどまりました。

▽ヤクルト対阪神はヤクルトが3対1で勝ちました。
ヤクルトは1点を追う4回、村上選手の5号ツーランホームランで逆転し、6回には塩見選手の3号ソロホームランで追加点をあげました。先発の原投手は5回1失点に抑えて2勝目をあげました。
阪神は1回に先制しましたが、その後のチャンスを生かせませんでした。

▽広島対中日は広島が2対0で勝ちました。
広島は0対0の6回、鈴木誠也選手の9号ツーランホームランで均衡を破りました。先発の野村投手は8回をヒット4本、無失点の好投で、今シーズン初勝利をあげ、9回を投げたフランスア投手が今シーズン初セーブをあげました。
中日の松葉投手は7回2失点の好投でしたが、打線の援護がありませんでした。