覚醒剤所持 人気ロックバンドの元メンバーを逮捕・起訴

覚醒剤所持 人気ロックバンドの元メンバーを逮捕・起訴
人気ロックバンド「Do As Infinity(ドゥ・アズ・インフィニティ)」の元メンバーで、ミュージシャンの長尾大被告(49)が、宮崎県小林市で覚醒剤を所持していたとして逮捕、起訴されていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
逮捕、起訴されたのは人気ロックバンド「Do As Infinity」の元メンバーで、ミュージシャンの長尾大被告(49)です。

捜査関係者によりますと、長尾被告はことし6月、宮崎県の小林市内で微量の覚醒剤を所持していたとして逮捕され、今月15日、覚醒剤取締法違反の罪で起訴されたということです。

また、今月20日、大麻取締法違反の疑いで追送検されたということです。

長尾被告は2000年にバンドを脱退したあと、多くの人気アーティストに楽曲を提供するなど活動していました。

警察は入手経路などさらに捜査を進めています。