7月の豪雨 農林水産関連の被害額 1000億円超

7月の豪雨 農林水産関連の被害額 1000億円超
九州を中心に大きな被害をもたらした7月豪雨による農林水産関連の被害額が、1000億円を超えました。被害額は今後さらに増える見通しです。
農林水産省によりますと、7月豪雨による農林水産関係の被害額は、29日午後2時の時点で、42道府県で合わせて1058億円となりました。

このうち最も多いのが林野関係で、土砂崩れによって樹木が流されたり林道が壊れたりするなど、被害額は496億円に上っています。
また、ため池が壊れるなど農地や農業用施設の被害が418億円、なすやオクラ、葉たばこなど農産物への被害は6500ヘクタール余りで27億円となっています。

7月豪雨では、熊本県や鹿児島県など九州を中心に大きな被害が出ていますが、まだ集計されていない分もあると見られ、今後、被害額はさらに増える見通しです。