西日本と沖縄地方 あすから厳しい暑さに 熱中症に十分注意を

西日本と沖縄地方 あすから厳しい暑さに 熱中症に十分注意を
西日本と沖縄地方は、30日から来月上旬にかけて晴れて気温の高い状態が続き、ところによって猛烈な暑さとなる見込みです。気象庁は「高温に関する全般気象情報」を出して、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、30日は西日本を中心に高気圧に覆われておおむね晴れ、気温が上がる見込みです。

日中の最高気温は
▽熊本市と大分県日田市、高松市で35度と猛暑日が予想されるほか、
▽鹿児島市で34度、
▽福岡市と高知市で33度、
▽大阪市と岡山市で32度など各地で厳しい暑さになると予想されています。

各地の暑さは、31日以降も続く見込みで、特に西日本は来月5日の水曜日ごろにかけて猛暑日となるところがあるほか、沖縄地方でも来月1日の土曜日にかけて、厳しい暑さが続く見込みです。

気象庁は「高温に関する全般気象情報」を出して、こまめに水分を補給したり冷房を適切に使用したりして、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

また、豪雨で被災した九州などでも熱中症の危険性が高まります。

被災した方や復旧作業にあたっている方は、少しでも暑さをしのげる場所で過ごすなど、熱中症への対策をとることが必要です。