菅官房長官「山形・秋田で浸水被害 土砂崩れで孤立も」

菅官房長官「山形・秋田で浸水被害 土砂崩れで孤立も」
菅官房長官は29日午前の記者会見で、「きのうの東北地方の大雨により、最上川の4か所で氾濫が発生し、山形県の大蔵村、大石田町、大江町で浸水被害が発生しているが、これまでのところ人的被害に関する情報は入っていない。また、秋田県の大仙市、由利本荘市、秋田市で浸水被害が発生している」と述べました。

また、「土砂崩れなどにより、山形県の大蔵村などで540人が孤立しているとの報告を受けている」と述べました。
そのうえで、菅官房長官は、「本日も西日本の日本海側では局地的に激しい雨が降っているところがあり、東北地方や北陸地方では、局地的に強い雨が降っているところもある。国民の皆さんは、引き続き自治体からの情報に注意し、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒をしてもらいたい」と述べました。