野党 国会で審議すべき課題が山積 臨時国会の召集を

野党 国会で審議すべき課題が山積 臨時国会の召集を
立憲民主党などの国会対策委員長らは、新型コロナウイルスの感染拡大や豪雨災害への対応など、国会で審議すべき課題が山積しているとして、憲法の規定に基づいて臨時国会の召集を求める方針を決めました。
立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党の国会対策委員長らは29日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染拡大への対応をめぐって意見を交わしました。

この中では、各地で感染者の確認が相次いでいるにもかかわらず、観光需要の喚起策「Go Toトラベル」を実施するなど、政府の一連の対応には問題があるという意見が相次ぎました。

そのうえで、感染拡大を受けた対策や経済への影響に加え、豪雨災害への対応など、国会で審議すべき課題は山積しており、安倍総理大臣と質疑を行う必要があるという認識で一致し、政府・与党が応じなければ、憲法53条の規定に基づいて臨時国会の召集を求める方針を決めました。

立憲民主党など野党側は、与党側にこうした方針を伝え、週内にも大島衆議院議長に召集の要求書を提出することにしています。

立憲民主党の安住国会対策委員長は記者団に対し「『Go Toキャンペーン』を無理やり強行したことについて、安倍総理大臣は国会で説明するどころか、国民に向けて何ら説明していない。国民の疑念にきちんと答えなければいけない」と述べました。

菅官房長官「与党と相談して対応」

菅官房長官は午後の記者会見で、「国会のことであるので、与党とも相談して対応していきたい。いずれにしろ現在、コロナ対策や豪雨対策に関係省庁あげて取り組んでいるところであり、通常国会で成立した本予算、補正予算の執行に取り組んでいきたい」と述べました。

自民 森山国会対策委員長「何の審議をするのかが定かでない」

自民党の森山国会対策委員長は記者団に対し「臨時国会で何の審議をするのかがまだ定かではない。ただ例えば、イギリスとの経済連携協定の交渉を行っているので、その交渉が成立すれば、政府としても臨時国会の召集を考えるのではないか」と述べました。

一方、来月以降の閉会中審査について「新型コロナウイルスや、豪雨災害からの復旧・復興の問題もあるので、来週、野党側と協議したい。安住氏と『ことしは夏休みはなしかな』という話はした」と述べました。

国民玉木代表「臨時国会の召集を」

国民民主党の玉木代表は記者会見で、「新型コロナウイルス対策について、検査体制の拡充や、休業要請をする場合の補償を法的根拠に基づいて行うため、感染症法や特別措置法の改正が必要だ。また、災害対策も含めた今年度の第3次補正予算案の編成についても議論しなければならず、臨時国会の召集を求めたい」と述べました。

維新 馬場幹事長「難しいなら閉会中審査を」

日本維新の会の馬場幹事長は記者会見で、「新型コロナウイルスへの対応は、臨時国会を召集して議論すべきだと思うが、難しいのであれば、引き続き、関連する委員会で閉会中審査を行うべきだ。また緊急かつ複数の委員会にまたがる課題なので、特別委員会を設置して集中的に議論することも検討すべきだ」と述べました。

共産 穀田国対委員長「臨時国会召集し議論を」

共産党の穀田国会対策委員長は記者会見で「持続化給付金や賃料の支援は、1度だけではなく連続して行うべきで、国会で徹底した議論が必要だ。PCR検査の拡充や医療体制の強化のほか、豪雨災害への対応など、国政に関わるさまざまな問題について臨時国会を召集して、きちんと議論すべきだ」と述べました。

社民 福島党首「直ちに臨時国会を」

社民党の福島党首は記者会見で「閉会中審査は行われてきたが、安倍総理大臣はどの委員会にも出席していない。新型コロナウイルス対策や、『Go Toトラベル』をめぐる政府の対応、それに河井夫妻側に自民党本部から1億5000万円が振り込まれていたことなどについて、安倍総理大臣みずからが説明責任を尽くすべきで、直ちに臨時国会を開くべきだ」と述べました。