「バンクシー」作品 3億円余で落札 収益は小児病院に全額寄付

鋭い社会風刺画で世界的に知られるアーティスト、「バンクシー」の作品がオークションにかけられ、日本円にして3億円余りで落札されました。収益は中東のパレスチナにある小児病院に全額寄付され、子どもたちのリハビリに役立てられるということです。
イギリスのロンドンで28日に開かれたオークションに出品されたのは、覆面アーティスト、バンクシーの油絵の作品で、人けのない夕暮れの海岸にライフジャケットや救命用の浮き輪が打ち上げられ、内戦などによって国を追われた人たちが船で海を渡ろうとして命を落としたことを連想させます。

作品は223万5000ポンド、日本円で3億円余りで落札されました。

競売会社によりますと、作品は、パレスチナ暫定自治区にあるホテルで展示されていたものを、バンクシー自身が慈善団体に寄付し、出品されたということで、収益はベツレヘムの小児病院などに全額寄付され、リハビリ機器の購入などにあてられるということです。

バンクシーはイスラエルによる占領の実態を風刺した作品をパレスチナの街角に残していて、今回の寄付を通じて占領下で十分な医療を受けることができないパレスチナの子どもたちに寄り添う姿勢を示しています。