円相場 値上がり 1ドル=105円前後に 米経済の先行き懸念

円相場 値上がり 1ドル=105円前後に 米経済の先行き懸念
29日の東京外国為替市場、円相場は値上がりし、1ドル=105円前後で取り引きされています。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うアメリカ経済の先行きへの懸念を背景に、ドルを売って円を買う動きが出ています。
外国為替市場では、28日、ニューヨーク外国為替市場でおよそ4か月半ぶりに一時、1ドル=104円台後半まで値上がりし、その後105円をはさんで取り引きされています。

市場関係者は「アメリカで新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることや7月の消費者の景況感を示す指数が市場の予想を下回ったことで、アメリカ経済の先行きへの懸念も出て、ドルを売って円を買う動きが出ている」と話しています。