AIIB年次総会 中国 習主席 新型コロナで国際協力を強調

AIIB年次総会 中国 習主席 新型コロナで国際協力を強調
中国が主導するAIIB=アジアインフラ投資銀行の年次総会で習近平国家主席が演説し、新型コロナウイルス対策での国際協力の重要性を強調するとともに、AIIBを通じて地域経済への貢献を強めていく考えを示しました。
AIIBの年次総会は、新型コロナウイルスの影響で、ことしは、インターネットによる会議形式で28日から2日間の日程で行われ、日本時間の午後5時から始まった開幕式で習近平国家主席が演説しました。

この中で習主席は新型ウイルスの感染拡大以降、AIIBが発展途上国などに日本円で1兆円規模の支援を打ち出したと評価したうえで、「団結や協力をしてはじめて危機に打ち勝つことができる」と述べ、ウイルス対策での国際協力の重要性を強調しました。

そのうえで、習主席は、「AIIBを多国間協力の新たなモデルにしなければならない。グローバルな経済構造の変化に対応し、より多くのパートナーと協力することで、バランスがとれ、双方に利益がある経済発展がもたらされる」と述べ、AIIBを通じて地域経済への貢献を強めていく姿勢を示しました。

AIIBに対しては中国が影響力を拡大するために利用するとの警戒感が根強くあります。

中国は、このところ、香港問題をめぐり国際的な批判にさらされているだけに、習主席としては国際協調を重視する姿勢を示すことで、そうした批判を交わしたいという思惑もありそうです。