イスラエル “ヒズボラの越境作戦阻止” 国境地帯で緊張高まる

イスラエル “ヒズボラの越境作戦阻止” 国境地帯で緊張高まる
イスラエル政府は、敵対するイスラム教シーア派組織ヒズボラによるレバノンからの越境作戦を阻止したと発表しました。ヒズボラはこれを否定したうえで攻撃に対する報復を示唆し、双方の間で緊張が高まっています。
イスラエルとレバノンの複数のメディアは27日、両国の国境地帯から煙が上がっているのが確認され、イスラエル軍がレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラに対して砲撃を行ったと伝えました。

これについて、イスラエルのネタニヤフ首相は記者会見し、ヒズボラによる越境作戦を阻止したとしたうえで、「われわれへのいかなる攻撃も、大きな武力をもって報復を受けることになる」と警告しました。

一方、ヒズボラは、声明でイスラエルの主張を否定したうえで、民家が被害を受けたなどとして「われわれは黙っていない」と報復を示唆し、双方の間で緊張が高まっています。

イスラエルは、敵対するイランから武器の供給を受けているとしてヒズボラの拠点などへの越境攻撃を繰り返していて、ヒズボラは今月20日にもイスラエルによるシリアへの空爆で戦闘員が死亡したと主張していました。