犯罪人引き渡し条約 中国が英など3か国に停止を表明 対抗措置

犯罪人引き渡し条約 中国が英など3か国に停止を表明 対抗措置
中国政府は、「香港国家安全維持法」の施行を受けて、香港との犯罪人引き渡し条約を停止すると発表したイギリス、オーストラリア、カナダの3か国に対し、中国側も、各国との条約を停止するとともに、捜査などでの協力を定めた香港と各国との協定についても停止する対抗措置を明らかにしました。
香港で反政府的な動きを取り締まる「香港国家安全維持法」が施行されたことを受けて、イギリス、オーストラリア、カナダの3か国は、いずれも、香港との犯罪人引き渡し条約を停止すると発表しました。

これについて、中国外務省の汪文斌報道官は、28日の記者会見で、これら3か国について「一方的に条約を停止すると発表して、中国の内政に著しく干渉し、国際法と国際関係の基本原則に違反しており、断固反対する」と述べました。

そのうえで、3か国の間違った行為によって、香港政府との間の司法面の協力の基礎が損なわれたとして、中国側としても各国との条約を停止するとともに、捜査などでの協力を定めた香港と各国との相互協定についても停止するとした対抗措置を明らかにしました。

また、汪報道官は、ニュージーランド政府が、28日、香港との犯罪人引き渡し条約を停止させたと発表したことについても、「強く反対し、さらなる対応をとる権利を留保する」と述べ、同様の対抗措置をとることを示唆しました。