東北道 のり面崩れ車線に土砂 大型トラック乗り上げる 福島

東北道 のり面崩れ車線に土砂 大型トラック乗り上げる 福島
28日午後、福島県国見町の東北自動車道でのり面の土砂が崩れ、大型トラックが土砂に乗り上げて動けなくなりました。けが人はいないということです。
28日午後3時ごろ、福島県国見町の東北自動車道の下り線でのり面の土砂が崩れて車線に流れ込みました。

のり面は幅20メートルにわたって崩れ、下り線の2車線と上り線の追い越し車線の一部が土砂で埋まりました。

警察によりますと、下り線を走っていた大型トラック1台が土砂に乗り上げて動けなくなりました。けが人はいないということです。

国見町では27日から雨が降り続いていて、大雨が影響した可能性があるということです。

東北自動車道は下り線が福島飯坂インターチェンジと宮城県の白石インターチェンジの間で、上り線が白石インターチェンジと国見インターチェンジの間で通行止めとなっていて、復旧作業が進められています。