秋田 大仙 新型コロナ対策とった避難所開設

秋田 大仙 新型コロナ対策とった避難所開設
大雨で一部の世帯に避難指示などが出されている秋田県大仙市では、新型コロナウイルスの感染防止対策をとったうえで、避難所が開設されています。このうち大曲小学校には、午後1時現在で地元の住民など合わせて20人が避難していました。
この避難所では新型コロナウイルスの感染防止対策として、入り口に消毒液を設置したほか、避難してきた人に検温などを行い37度5分以上の発熱があった場合、家族も含め体育館ではなく、離れた場所にある教室に避難してもらう対応をとっているということです。

また、体育館では、仕切り用の段ボールで居住スペースを区切り、避難者どうしの距離を2メートル以上空けていました。