新潟 佐渡 県道が約50メートルにわたり路肩崩落 けが人なし

新潟 佐渡 県道が約50メートルにわたり路肩崩落 けが人なし
k10012536761_202007281630_202007281633.mp4
新潟県佐渡市などによりますと、雨の影響で佐渡市上川茂の県道がおよそ50メートルにわたって路肩が崩れ、農機具を保管していた納屋と住宅の蔵が地盤ごと斜面の下にずれ落ちる被害が出ました。警察によりますと、けが人はいないということです。
現場では、木造2階建ての比較的新しい納屋が斜めに傾いているほか、電柱も2本大きく傾いていて、県の職員や電力会社の作業員などが状況を確認していました。

崩れた道路のそばにある建設会社によりますと、現場付近は28日午前4時ごろから雨が強まり、午前8時半ごろから道路の地盤が下がり始め、およそ2時間かけて斜面の下にずれ落ちたということです。

この影響で、付近の水道管が破損して103世帯が断水し、市の給水車が給水に当たっているということです。