大リーグ レッズ秋山 代打でフォアボール

大リーグ レッズ秋山 代打でフォアボール
大リーグ、レッズの秋山翔吾選手は27日のカブス戦は3試合ぶりに先発から外れ、代打で出場してフォアボールを選びました。
レッズは27日、本拠地のオハイオ州シンシナティでカブスと対戦し、秋山選手は開幕戦以来3試合ぶりに先発を外れました。

秋山選手は3点を追う9回、1アウト一塁三塁のチャンスで代打に起用され、通算346セーブを挙げている抑えのキンブレル投手からフォアボールを選び、満塁にチャンスを広げました。

レッズはこのあと押し出しのデッドボールとフォアボールで1点差に迫り、秋山選手も三塁まで進みましたが、同点のホームを踏むことはできず、7対8で敗れました。