香港との犯罪人引き渡し条約 ニュージーランドも停止

香港との犯罪人引き渡し条約 ニュージーランドも停止
k10012536341_202007281327_202007281328.mp4
香港で反政府的な動きを取り締まる法律が施行されたことを受けて、ニュージーランド政府は、香港との犯罪人引き渡し条約を停止させたことなどを発表しました。
香港で反政府的な動きを取り締まる「香港国家安全維持法」が施行されたことを受けて、ニュージーランドのピーターズ外相は28日、声明を発表し、香港との犯罪人引き渡し条約を停止させたことを明らかにしました。

このなかでピーターズ外相は、香港国家安全維持法について「法の支配の原則に反し、香港の独自の地位を支える一国二制度の枠組みを弱体化させる」と批判しました。

そのうえで、条約を停止させた理由について「もはや、香港の刑事司法制度が中国から十分に独立しているとは考えられない」と述べています。

このほかピーターズ外相は、軍需品や軍事分野への転用が可能な製品などの輸出規制を、中国に対するものと同じになるよう強化することも明らかにしています。

また、ニュージーランド政府は、香港への渡航情報を28日、更新し、このなかで、香港国家安全維持法について「解釈の余地が大きく幅広い活動において、国家安全保障上の理由で逮捕および起訴されるリスクが高まる可能性がある」として、自国民に注意を呼びかけています。

香港国家安全維持法を巡ってはイギリスやオーストラリア、カナダも犯罪人引き渡し条約を停止するなど批判が強まっていて、中国に対し厳しい姿勢を示す動きが広がっています。