“軽症者用の宿泊療養施設 早急な確保を”菅官房長官 コロナ

“軽症者用の宿泊療養施設 早急な確保を”菅官房長官 コロナ
新型コロナウイルスの感染確認が各地で相次ぐ中、菅官房長官は一部の自治体で、症状のない人や軽い人が療養する、宿泊施設の確保が十分ではない状況があると指摘し、自治体に早急な確保を求めるとともに、政府としても全面的に協力していく考えを示しました。
新型コロナウイルスの新たな感染確認が各地で相次ぐ中、菅官房長官は午前の記者会見で「一部の自治体において、宿泊施設の確保が十分でない状況があると承知している」と述べ、一部の自治体で、症状のない人や軽い人が療養する、宿泊施設の確保が十分ではない状況があると指摘しました。

そして、政府の基本的対処方針では、症状が軽い人などは宿泊療養を基本として、都道府県がホテルなどの施設の確保に努めることとしていると説明しました。

そのうえで、菅官房長官は必要な費用は国が全額、交付金で支援しているとして、宿泊施設の確保が十分でない自治体に早急な確保を求めるとともに、政府としても全面的に協力していく考えを示しました。