大雨「自治体などの情報に注意 土砂災害など警戒を」官房長官

大雨「自治体などの情報に注意 土砂災害など警戒を」官房長官
菅官房長官は28日午前の記者会見で「家屋に対する大きな被害は確認されていないと報告を受けているが、詳細は確認中だ。政府としては『令和2年7月豪雨非常災害対策本部』を設置しているところであり、今回の東北地方における大雨についても情報収集にあたっている」と述べました。
そのうえで「今後も東北地方や東日本では、あすの朝にかけて激しい雨が降り、特に東北地方や北陸地方では大雨となる見込みだ。国民の皆さんには引き続き、自治体などからの情報に注意し、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒していただくようお願いする」と呼びかけました。