円相場 小幅な値動き 総領事館閉鎖に懸念も米経済対策に期待

円相場 小幅な値動き 総領事館閉鎖に懸念も米経済対策に期待
28日の東京外国為替市場、円相場は小幅な値動きになっています。
市場関係者は「総領事館の閉鎖をめぐって米中関係が一段と悪化していることからアメリカ経済の先行きへの懸念が強まり、ドルを売る動きがある一方、アメリカ政府による追加の経済対策に対する期待から、値下がりしたドルを買い戻す動きもあり、一方的な値動きにはなっていない」と話しています。