東北や北陸「特別警報の発表基準に達する可能性も」気象庁

東北や北陸「特別警報の発表基準に達する可能性も」気象庁
k10012536231_202007281225_202007281229.mp4
東北や北陸の今後の大雨の見通しについて、気象庁は「雨の降り方次第では暗くなるころに特別警報の発表基準に達する可能性もある。しかし、発表を待つことなく、自治体からの避難情報などをもとに早めの行動をとってほしい」と呼びかけています。
28日午前、気象庁予報課の岸本賢司予報官が、東北と北陸ではこれから夕方にかけて再び雨が強まるピークが来ると説明しました。

また、東北や北陸はふだん雨が多くない地域で、少ない雨でも土砂災害や河川の増水がおこりやすいため厳重な警戒が必要だと指摘しました。

そのうえで岸本予報官は「雨の降り方次第では特別警報を発表する可能性もあり、基準に達する時にはあたりが暗くなっている可能性がある。しかし、発表を待つこと無く、自治体の避難情報などをもとに早めの行動をとってほしい」と呼びかけました。