大リーグ エンジェルス大谷 登板翌日に指名打者で出場も無安打

大リーグ エンジェルス大谷 登板翌日に指名打者で出場も無安打
大リーグ エンジェルスの大谷翔平選手が27日、アスレティックス戦に3番 指名打者で出場しましたが、4打数ノーヒットでした。
大谷選手は前日の26日に相手の本拠地オークランドで行われたアスレティックス戦で先発登板して、おととし受けた右ひじの手術からピッチャーとして復帰しましたが、1アウトも取れずにマウンドを降りて5失点で負け投手になりました。

大谷選手は登板翌日の試合は体を回復させるメニューをこなすため欠場する予定でしたが、30球と少ない球数で交代したことから、27日のアスレティックス戦には3番 指名打者で出場しました。

1回の第1打席は1アウト二塁で迎え、ファウルで4球粘ったあとアウトコースのボールに空振りの三振でした。

3回の第2打席は2アウト一塁で初球のチェンジアップを打ってセンターフライでした。

6回の第3打席は速球に空振りの三振、8回の第4打席も3球で空振りの三振を奪われました。

大谷選手は投打の二刀流でプレーしたおととしは、登板翌日に指名打者で出場することはなく、大リーグでは今回が初めてでしたが4打数ノーヒットでした。

試合はエンジェルスが0対3で敗れました。