住宅全焼 2人死亡 高齢夫婦 逃げ遅れたか さいたま

住宅全焼 2人死亡 高齢夫婦 逃げ遅れたか さいたま
k10012535811_202007280748_202007280755.mp4
27日夜、さいたま市で住宅1棟が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。この家に住む90歳と87歳の夫婦と連絡が取れなくなっていて、警察は遺体の身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べています。
27日夜10時ごろ、さいたま市緑区松木の高橋幸夫さん(90)の住宅から火が出ているのを、帰宅した61歳の娘が見つけ、消防に通報しました。

火はおよそ1時間40分後にほぼ消し止められましたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。

また、娘がのどにやけどをして病院に搬送されました。

警察によりますと、この住宅には高橋さんと87歳の妻、娘の、3人が暮らしていて、火事のあと高橋さん夫婦と連絡が取れなくなっているということです。

警察は2人が逃げ遅れた可能性があるとみて遺体の身元の確認を進めるとともに、火事の原因を調べています。