米中対立 深刻化しないか注視 日本政府「コロナで協調重要」

米中対立 深刻化しないか注視 日本政府「コロナで協調重要」
アメリカと中国が双方の在外公館を閉鎖する異例の事態を受けて、日本政府は新型コロナウイルスの対応に国際的な連携が重要だとしていて、これ以上、米中の対立が深刻化しないか事態を注視していくことにしています。
中国は、アメリカがテキサス州ヒューストンにある中国総領事館を閉鎖させたことへの対抗措置として、四川省成都にあるアメリカ総領事館を閉鎖し、米中の対立は双方の在外公館が閉鎖される異例の事態となっています。

これを受けて菅官房長官は27日、記者会見で「新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により国際協調の重要性が高まっており、米中両国の関係の安定は国際社会にとっても極めて重要だ」と述べました。

政府内では「アメリカと中国の二国間の問題だが、総領事館の閉鎖は外交的には重大な意味があり、今までと対立の段階が変わってきていることは間違いない」といった見方や、「アメリカは知的財産の保護などを理由にしており、何らかの証拠に基づいた措置だと考えているが、対立は深まらないようにしなければならない」といった意見が出ています。

政府は新型コロナウイルスの対応に国際的な連携が重要だとしていて、これ以上、米中の対立が深刻化しないか事態を注視していくことにしています。