総合取引所 きょうから取り引き開始 世界の投資呼び込めるか

総合取引所 きょうから取り引き開始 世界の投資呼び込めるか
株式の先物と金や、とうもろこしといった商品の先物を一括して売買できる「総合取引所」が大阪に設立され、27日から取り引きが始まります。株式から商品までさまざまな先物を扱う市場の誕生で、世界の投資を呼び込むことができるか注目されます。
「総合取引所」は東京で取り引きされていた金、銀などの貴金属やとうもろこしなど農産物の先物、それに大阪で取り引きされていた日経平均株価などに連動した金融商品の先物を一括して売買できる市場です。

これまで法律や所管する官庁が異なり、取引所も分かれていましたが、東京で取り引きされていた先物の大半を大阪取引所に統合する形で、27日午前8時45分から取り引きがスタートします。

投資家にとっては一つの口座で、さまざまな先物をより手軽に売買できるようになり、取り引き規模の拡大が期待されています。

2005年以降、金属や農産物などの先物の世界全体の取引高は、欧米がけん引する形で10倍近くに拡大しましたが、日本では逆に6分の1に縮小しました。

世界の市場が先物やデリバティブと呼ばれる、さまざまな金融派生商品の取り引きを統合することで投資を呼び込んできただけに、日本も総合取引所の誕生で多くの投資を呼び込み、世界の金融センターの一角を担えるようになるか注目されます。