米著名人や企業アカウントなどのツイッター ハッキングか

米著名人や企業アカウントなどのツイッター ハッキングか
k10012518141_202007160729_202007160730.mp4
アメリカの複数のメディアは、15日、アメリカの著名人や企業のツイッターのアカウントが、何者かにハッキングされたとみられると伝えました。
被害に遭ったアカウントのなかには、ジョー・バイデン前副大統領、大手IT企業マイクロソフトの創業者 ビル・ゲイツ氏、電気自動車メーカー テスラの経営トップ イーロン・マスクCEOなどの著名人のほか、アップルやウーバーといった企業の公式アカウントも含まれるということです。

これらのアカウントには、ネット上でやり取りされる仮想通貨=「暗号資産」に関する内容が投稿されたということです。
これについてツイッター社は、事態を認識しているとしたうえで「状況を調査するとともに復旧を進めている」とコメントしています。

ツイッター社「セキュリティ上の問題を確認」

SNS上ではアカウントによってはツイートができなくなっているという投稿も相次いでいます。

ツイッター社の日本語版の公式アカウントは「ツイッターのアカウントに影響を与えるセキュリティ上の問題を確認しており、現在、修正に向けて調査している」とする日本語の投稿をリツイートしています。

投稿では「調査している間、ツイート、およびパスワードのリセットができない場合がある」としています。