中国 長江流域など広範囲で大雨被害 約3800万人が被災

中国 長江流域など広範囲で大雨被害 約3800万人が被災
中国では、先月からの大雨で、長江流域など広い範囲で洪水や土砂崩れなどの被害が拡大しており、これまでに死者と行方不明者は141人に、被災した人は延べおよそ3800万人にのぼるとしています。
中国では、内陸部の湖北省や江西省など長江流域を中心に、先月から断続的に大雨が降っていて、各地で洪水や土砂崩れが起きています。

国営の中国中央テレビなどによりますと、この大雨による死者と行方不明者はこれまでに141人、被災した住民は延べ3789万人にのぼっています。

また、延べ224万人が避難生活を送っているほか、建物が倒壊するなどの被害も合わせて2万8000棟になっているということです。

長江の中流域から下流域にかけての淡水湖では、断続的に水位が上昇していて、軍の部隊も出動するなどして、堤防の警戒などにあたっているということです。

中国の習近平国家主席は12日、今回の大雨で2度目となる重要指示を出し、各地の政府などに対し、警戒や救援活動などに、より強力で効果的な対策を行うよう求めていて、被害が拡大しないよう警戒を強めています。