大リーグ エンジェルス 大谷翔平 今シーズン初のホームラン

大リーグ エンジェルス 大谷翔平 今シーズン初のホームラン
大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が12日に行われたキャンプの紅白戦でツーランホームランを打ちました。中断前のオープン戦を通じて、試合形式では今シーズン初のホームランです。
エンジェルスは本拠地アナハイムで行っているキャンプで12日に紅白戦を行い、大谷選手は3番・指名打者で出場しました。

開幕投手を務める左投げのアンドリュー・ヒーニー投手と対戦し1回の第1打席はレフトフライでしたが、3回の第2打席は2アウト一塁からライト前にヒットを打って、チャンスを広げました。

そして、5回の第3打席は2アウト一塁の場面で迎え、ワンストライクからの2球目をとらえてセンターにツーランホームランを打ちました。

大谷選手は新型コロナウイルスの影響でことし3月中旬に中断されたキャンプではオープン戦には9試合に出場し、19打数2安打、打率1割5厘と結果が出ていませんでしたが、再開されたキャンプで大谷選手らしいセンターへの一打で、オープン戦を含めた試合形式では今シーズン、初めてのホームランになりました。

一方、おととし受けた右ひじの手術からの復帰を目指すピッチャーとしては、13日に行われる紅白戦で2回目の登板を迎える予定です。