東京都 宿泊税を来年9月末まで免除

東京都 宿泊税を来年9月末まで免除
東京都は、都内のホテルなどに泊まった人から徴収する「宿泊税」について、今月から東京オリンピック・パラリンピックが終了する来年9月末まで免除します。
東京都は、観光振興に向けた施策に活用するため、都内のホテルや旅館に泊まった人を対象とした「宿泊税」を平成14年から導入しています。

1人1泊当たりの宿泊料金が1万円以上1万5000円未満の場合は100円、1万5000円以上の場合は200円となっていますが、今月から来年9月末まで免除します。

今月から行われる予定だった東京オリンピック・パラリンピックで国内外から訪れる人たちを歓迎し負担を軽減するための措置でしたが、都は開催が1年延期されたことから、当初ことし9月末までとしていた免除の期間を、大会が終了する来年9月末まで延ばすということです。

都によりますと、宿泊税は外国人観光客の増加に伴ってここ数年は増収が続き、2019年度の税収はおよそ27億円にのぼる見通しです。