サッカー スペイン2部サラゴサ 香川が今季4点目

サッカー スペイン2部サラゴサ 香川が今季4点目
サッカーのスペイン2部リーグ、サラゴサの香川真司選手は12日、ホームで行われたオビエド戦の後半から出場し、試合終了間際にペナルティーキックで今シーズン4点目となるゴールを決めました。チームは2対4で敗れました。
スペイン1部リーグ、マジョルカの久保建英選手は、セビリア戦の後半41分までプレーしましたが、2試合連続のゴールはなりませんでした。チームは0対2で敗れて19位に後退しました。

同じリーグ、エイバルの乾貴士選手は、エスパニョール戦にフル出場し、前半25分に先制点につながるペナルティーキックを獲得して2対0の勝利に貢献しました。チームは1部残留が決まりました。

イタリア1部リーグ、サンプドリアの吉田麻也選手は、ウディネーゼ戦にフル出場し、後半終了間際に追加点をアシストしました。チームは3対1で勝ちました。

同じリーグで、ボローニャの冨安健洋選手は、パルマ戦にフル出場し、前半16分にチームの2点目をアシストしました。試合は2対2で引き分けました。