サッカーJ1 第4節 7試合結果

サッカーJ1 第4節 7試合結果
サッカーJ1は第4節の残り7試合が行われ、浦和レッズが鹿島アントラーズに勝ち、開幕から負けなしで勝ち点を10としました。
レッズは今シーズン初出場のエヴェルトン選手が後半7分に決勝点をあげ、1対0で勝ちました。
レッズは、11日3連勝として暫定首位に立った川崎フロンターレと勝ち点10で並びました。アントラーズはチーム史上初の開幕4連敗です。

セレッソ大阪対名古屋グランパスは、グランパスが2対0で勝ちました。
グランパスは前半、相手のオウンゴールで先制し、後半には阿部浩之選手のゴールで追加点を奪いました。セレッソは開幕からの連勝が3で止まりました。

横浜F・マリノス対FC東京は、FC東京が3対1で逆転勝ちしました。
レアンドロ選手が勝ち越しゴールを含む2得点の活躍でした。去年優勝のF・マリノスは今シーズン2敗目です。

横浜FC対ベガルタ仙台は1対1で引き分けました。

清水エスパルス対ガンバ大阪は、ガンバが2対1で勝ち、リーグ再開後初白星です。
後半途中から出場した渡邉千真選手が終了間際に決勝ゴールをあげました。エスパルスは開幕4連敗です。

サガン鳥栖対サンフレッチェ広島は、0対0で引き分けました。
サガンは開幕から4試合続けて得点がありません。

湘南ベルマーレ対北海道コンサドーレ札幌は、0対0で引き分けました。
ベルマーレは今シーズン初の勝ち点です。