プロ野球結果 ヤクルトが巨人に連勝で首位

プロ野球結果 ヤクルトが巨人に連勝で首位
プロ野球はデーゲーム4試合とナイトゲーム2試合が行われ、ヤクルトが巨人に連勝しセ・リーグの首位に立ちました。

セ・リーグ

巨人対ヤクルトはヤクルトが3対2で勝ちました。

ヤクルトは1回、村上選手のタイムリーツーベースで先制し、3回には青木選手の2試合連続となる4号ソロ。5回には村上選手のこの試合2本目のタイムリーで追加点をあげました。先発の高梨投手は5回2失点で今シーズン初勝利。6回からは4人のピッチャーで1点のリードを守り切りました。ヤクルトは1つの引き分けを挟んで4連勝とし、首位に立ちました。巨人は攻守にミスが出て4連敗で2位に後退です。

阪神対DeNAは阪神が2対1で勝ちました。

阪神は6回、大山選手のタイムリーで均衡を破り、8回にも大山選手の2打席連続のタイムリーとなるツーベースで追加点をあげました。先発の岩貞投手は変化球がさえて8回をヒット3本無失点に抑え2勝目をあげました。DeNAは先発の平良投手が6回1失点と好投しましたが、打線は9回に2人目のスアレス投手から1点を返すことしかできませんでした。

中日対広島は広島が7対2で勝ちました。

広島は1回、西川選手のタイムリーツーベースで先制し、3回には鈴木誠也選手のタイムリーで追加点をあげました。7回にも西川選手と鈴木選手の連続タイムリーツーベースなどで4点を奪い、突き放しました。先発の遠藤投手は6回1失点で今シーズン初勝利です。中日は3カード連続の負け越しとなりました。

パ・リーグ

ソフトバンク対楽天はソフトバンクが6対1で勝ちました。

ソフトバンクは1回、柳田選手の8号ソロで先制し、6回には松田宣浩選手のタイムリーなどで3点をあげリードを広げました。先発した石川投手は7回1失点で2勝目、ソフトバンクは3連勝で勝率を5割に戻しました。楽天は先発の石橋投手が6回6失点と崩れ、今シーズン初の3連敗です。

ロッテ対西武は西武が8対5で勝ちました。

西武は1点を追う3回、外崎選手の2点タイムリーツーベースで逆転し、栗山選手の3号スリーランでリードを広げました。その後2点差に追い上げられましたが、6回にはスパンジェンバーグ選手の3号ツーランで突き放しました。5回途中からリリーフした2人目の平井投手が2勝目をあげました。ロッテは新外国人のフローレス投手が来日初登板しましたが、3回6失点と打ち込まれました。

オリックス対日本ハムはオリックスが2対1で勝ちました。

オリックスは2回、山足選手のタイムリーツーベースなどで2点を先制しました。先発の山本投手は初ヒットを許した6回に1点を失いましたが、13個の三振を奪い、今シーズン初完投で3勝目をあげました。オリックスは3連勝です。日本ハムは先発したドラフト1位ルーキーの河野投手が8回途中2失点と好投しましたが、打線の援護がありませんでした。日本ハムは今シーズン初の3連敗です。