大分 老舗旅館の4人被災 “電脳女将”の声優「帰ってきて」

大分 老舗旅館の4人被災 “電脳女将”の声優「帰ってきて」
今回の記録的な豪雨で大分県由布市で老舗旅館を経営する家族4人が被災したことについて旅館の公式キャラクター、電脳女将・千鶴の声を担当する大分県出身の声優、種崎敦美さんが12日、自身のツイッターにコメントを寄せました。
今回の豪雨災害で由布市の「湯平温泉」にある老舗旅館「つるや隠宅」を経営する渡邊さん一家4人が乗る車が川に流され、1人が遺体で見つかり、3人の行方が今も分からなくなっています。

旅館「つるや隠宅」は明治時代から続く老舗旅館として知られる一方、若い世代をターゲットにした独自の取り組みを展開していたことでも知られていました。

関係者によりますと2016年の熊本地震のあと、旅館のおかみをモチーフにしたキャラクター・電脳女将・千鶴を作って、SNSで情報発信をしたり、グッズを作ったりして、工夫をしながら経営を進めてきました。

キャラクターの声優をつとめた種崎さんは「つるや隠宅さんのニュースがショックで悲しくて信じられなくて、何かことばを届けようとしても涙が止まらず文字が打てずにいました」と苦しい胸の内をつづっています。

そして「千鶴さんの声を担当させていただけることになった時、本当にうれしかったです。大分弁でセリフをしゃべる、大分県と深く関わる仕事をするのが夢の一つでした」とコメントしています。

そのうえで「千鶴さんが旅館で待っています。早く帰ってきてあげてください」と3人の無事を祈る気持ちを書き込んでいました。