トルコ大統領 「アヤソフィア」をイスラム教のモスクに変更

トルコ大統領 「アヤソフィア」をイスラム教のモスクに変更
イスラム教徒が多数を占めるトルコのエルドアン大統領は、イスタンブールの世界遺産の一部で博物館として使われてきた歴史的建造物「アヤソフィア」をイスラム教のモスクに変更したと発表しました。アメリカやギリシャはアヤソフィアを博物館のまま維持するようトルコに求めていただけに、今後、波紋が広がりそうです。
トルコのイスタンブールにある「アヤソフィア」は、537年にギリシャ正教の聖堂として建設されましたが、オスマン帝国の征服後にイスラム教のモスクに改修され、トルコが建国されると、政教分離の方針に沿って博物館に変更されました。

これについてトルコの裁判所が10日、博物館への変更を無効とする判断を示し、これを受けてエルドアン大統領は直ちに、アヤソフィアをモスクに変更する大統領令を出しました。

アヤソフィアは博物館とされたことで異なる宗教や文化の共存の象徴とも言われてきましたが、国民の多くを占めるイスラム教徒の中にはモスクに戻すことを望む声が根強くあり、エルドアン大統領としては、そうした声に応えることで、景気の悪化などによって低下している国民の支持をつなぎとめるねらいもあるものとみられます。

この問題をめぐっては、国民の多くがギリシャ正教を信仰する隣国のギリシャがモスクに戻す動きに反発してきたほか、アメリカのポンペイオ国務長官も博物館のまま維持するよう求める声明を出しており、今後、波紋が広がりそうです。

ユネスコ 強い遺憾の意を示す

これについて、世界遺産の登録を行うユネスコ=国連教育科学文化機関のアズレ事務局長は声明を発表し、トルコ政府の決定に強い遺憾の意を示しました。

そのうえで「アヤソフィアは何世紀にもわたり、ヨーロッパとアジアが交差してきた、この地域の歴史を伝える名建築だ。博物館という位置づけは、その普遍的な価値を反映している」として、モスクに変更することに深い懸念を示しました。

さらにアズレ事務局長は「トルコ政府は、この変更がアヤソフィアの普遍的な価値に影響しないことを保証しなければならない」として、トルコ政府に対して、ユネスコとの対話に速やかに応じるよう求めるとともに、世界遺産の登録や保全状況を議論する世界遺産委員会の次の会合で、アヤソフィアについても話し合いたいという考えを示しました。