静岡 熊本で断続的に激しい雨 土砂災害などに厳重警戒

静岡 熊本で断続的に激しい雨 土砂災害などに厳重警戒
活発な前線の影響で、静岡県や熊本県で断続的に激しい雨が降り、洪水や土砂災害の危険性が非常に高くなっています。これから東海や関東でも雨が強まり、局地的に非常に激しい雨が降る見込みで、土砂災害や川の氾濫に厳重に警戒し、早めに安全を確保するようにしてください。
気象庁によりますと、活発な前線と、日本海にある低気圧の影響で西日本から東北にかけての広い範囲で大気の状態が不安定になり、熊本県に加え東海や関東南部、東北北部でも局地的に雨雲が発達しています。

11日午後11時半までの1時間には神奈川県海老名市で50.5ミリの非常に激しい雨を観測したほか、11日午後11時までの1時間には、▽国土交通省が静岡県裾野市に設置した雨量計で50ミリの非常に激しい雨を、▽熊本県高森町に設置した雨量計で37ミリの激しい雨を観測しました。

11日午後11時までの24時間に降った雨の量は、いずれも多いところで、
▽熊本県で350ミリを超えたほか、
▽長野県で210ミリを超え、
▽宮崎県でも200ミリ近くとなり、再び大雨となっています。

これまでの雨で神奈川県と熊本県では「氾濫危険水位」を超えている川があります。

また、静岡県、岐阜県、長野県、熊本県、佐賀県、大分県、宮崎県、徳島県、青森県、岩手県、それに神奈川県では「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があり、各地で洪水や土砂災害の危険性が非常に高くなっています。

今後の雨の見通しです。
前線がゆっくりと南下し、東北には低気圧が近づくため、九州や東海、関東ではこれから明け方にかけて、東北では昼すぎにかけて雷を伴って激しい雨が降る見込みです。

特に東海と関東ではこのあと数時間、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

12日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽九州北部で150ミリ、
▽東北で120ミリ、
▽東海と近畿で100ミリと予想されています。

記録的な豪雨の被害を受けた地域では、地盤が緩み川の堤防が傷んだ場所があるなど災害の危険性が非常に高い状態が続いています。

気象庁は、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけています。

西日本と東日本では低気圧の接近や前線の北上に伴って、13日以降も大雨となるおそれがあります。

今回の一連の豪雨では、短時間のうちに状況が急激に悪化するケースが相次いでいます。今後、いったん雨が弱まったりやんだりしても油断することなく、早めに安全を確保するようにしてください。