豪雨被害 新型コロナで県在住者のみのボランティア 熊本 人吉

豪雨被害 新型コロナで県在住者のみのボランティア 熊本 人吉
記録的な豪雨で多くの住宅や商店が被害を受けた熊本県人吉市では、新型コロナウイルスの感染防止も踏まえ、きょうから県内に住んでいる人に限ってボランティアの受け入れを始めました。
人吉市では、今回の豪雨で球磨川が氾濫し、広い範囲で住宅や商店が浸水する被害が出て、被災した人たちは連日、後片づけに追われていますが、人手が足りない状況です。

このため、人吉市社会福祉協議会はボランティアセンターを設置しましたが、新型コロナウイルスの感染防止のため、当面は県内に住んでいる人に限ってボランティアの受け入れを始めました。

10日は受け付けを始めてから30分で、あさぎり町や八代市などからおよそ40人のボランティアが集まり、検温などを済ませた後、それぞれの現場へ向かいました。

1階部分がほとんど水につかった住宅で作業にあたった10人ほどのグループは、屋内に入り込んだ泥などを協力して家の外に運び出していました。

この家に住む永井耕一さん(59)は「ボランティアの方には感謝しかありません。今度何かあった時は自分が駆けつけたい」と話していました。

あさぎり町から参加した高校生は「人吉市に友達がいるので、ボランティアに行きたいと思って参加しました。初めての経験ですが、自分ができることは一生懸命やりたい」と話していました。

ボランティアの受け付けは毎日、午前9時から人吉市の東間コミュニティセンターで行われます。