豪雨被災 九州3県の20市町村に普通交付税を前倒し支給 政府

豪雨被災 九州3県の20市町村に普通交付税を前倒し支給 政府
一連の豪雨で被害を受けた九州の3県の20市町村に、ことし9月に交付される予定の普通交付税の半額、合わせて145億円余りが、時期を繰り上げて10日交付されました。
普通交付税は地方自治体の財源不足を補うため国から年4回に分けて交付されるもので、災害で大きな被害を受けた場合には時期を繰り上げて交付されます。

今回の一連の豪雨で九州を中心に大きな被害が出ていることから、総務省は、要望のあった福岡、熊本、鹿児島の3県の20市町村に、ことし9月に交付する予定の普通交付税の半額、合わせて145億4600万円を、時期を繰り上げて10日交付しました。

交付額は、
▽熊本県天草市で26億6700万円、
▽熊本県八代市で17億6200万円、
▽鹿児島県鹿屋市で14億7100万円などとなっています。

高市総務大臣は記者会見で「今回の繰り上げ交付は今月7日までに災害救助法の適用を受けた自治体が対象で、その後に適用を受けた自治体には来週、交付の決定をできるようにしたい」と述べました。