沖ノ鳥島周辺の排他的経済水域に中国海洋調査船 中国に抗議

沖ノ鳥島周辺の排他的経済水域に中国海洋調査船 中国に抗議
9日から10日朝にかけて、沖ノ鳥島周辺の日本の排他的経済水域で、中国の海洋調査船が、事前の同意を得ずに調査とみられる活動を行っていることが確認され、菅官房長官は、外交ルートを通じて、抗議したことを明らかにしました。
9日午前から10日朝にかけて、沖ノ鳥島の北北西の日本の排他的経済水域で、中国の海洋調査船が船尾の辺りから海中にワイヤーのようなものを伸ばし、事前の同意を得ずに調査とみられる活動を行っているのを海上保安庁の巡視船が確認しました。

これについて、菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、「当該海域での海洋の科学的調査について、わが国は、中国側に同意を与えておらず、海上保安庁から活動の中止要求を現場で行った」と述べました。

そのうえで、「外交ルートを通じて、仮に海洋の科学的調査を実施しているのであれば、即時に中止すべきと抗議している」と述べ、9日、外務省から東京にある中国大使館に対し抗議するとともに、北京の大使館ルートでも抗議したことを明らかにしました。