大阪 柏原 建設現場で足場崩壊 JR大和路線が運転見合わせ

大阪 柏原 建設現場で足場崩壊 JR大和路線が運転見合わせ
8日朝、大阪・柏原市役所の新庁舎の建設工事現場から崩れた足場が、建物脇のJR大和路線の線路に倒れ込み、この影響で大和路線は一部で運転を見合わせています。警察は強風による影響で足場が崩れたとみて調べています。
8日午前5時すぎ、大阪・柏原市役所の新庁舎の建設工事現場で、足場が崩れていると近くに住む人から警察に通報がありました。

足場は隣接するJR大和路線の線路を覆うように倒れ込み、JRによりますとこの影響で停電が発生し、難波駅と加茂駅の間の上下線で運転を見合わせています。

警察によりますと、これまでのところけが人などの情報はないということです。

大阪管区気象台によりますと、当時、大阪府内では大雨とともに風が強まり、柏原市に近い大阪・八尾空港では午前4時59分に24.7メートルの最大瞬間風速が観測されました。警察は強風にあおられた足場が崩れたとみて調べています。

現場近くの男性「『ばりばり』というすごい音 怖かった」

現場近くに住む男性は「朝5時ころ、『ばりばり』というすごい音がして、外に出ると、足場が崩れていました。家に破片などが飛んでこないか不安で、本当に怖かったです」と話していました。また、別の女性も「一瞬で何かが崩れ去るようなすごい音がしました。とにかく怖かったです」と話していました。