大分 由布 大分川が氾濫 気象台など「厳重な警戒を」

大分 由布 大分川が氾濫 気象台など「厳重な警戒を」
国土交通省と大分地方気象台によりますと、この大雨で、大分川は、大分県由布市挾間町の下市地区の左岸付近で氾濫が発生したとして、国土交通省と気象台は8日午前0時40分、「氾濫発生情報」を発表しました。警戒レベル5に当たる情報で、周辺自治体の住民に対し、自治体からの避難情報を確認するとともに、安全確保をはかるよう厳重な警戒を呼びかけています。
氾濫した大分川は、由布市や大分市などを流れる一級河川です。

国土交通省大分河川国道事務所によりますと、8日午前0時半ごろ、大分県由布市挾間町の下市地区で、大分川の左岸から川の水があふれて堤防を越えたということです。巡回していた河川国道事務所の職員が確認しました。近くには住宅があり、被害の状況を確認しているということです。

由布市が「災害発生情報」

大分県由布市は市内で多数の土砂崩れや川の氾濫が発生していることから、8日午前1時に5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5に当たる「災害発生情報」を発表しました。

由布市は、まだ避難していない人は自宅の少しでも安全な部屋に移動するなど、命を守るための最善の行動を取るよう呼びかけています。

また避難先に移動中の人に対しては大至急、近くの安全な場所に緊急に避難するか、屋内の安全な場所に避難し、最善の行動を取るよう呼びかけています。