大分・熊本の下筌ダム 津江川に緊急放流の可能性 午前10時半か

大分・熊本の下筌ダム 津江川に緊急放流の可能性 午前10時半か
国土交通省九州地方整備局は、午前9時から開いた会見の中で、大分県と熊本県にまたがる下筌ダムで、水位が上がっているため、早ければ午前10時半ごろから、筑後川水系の津江川に緊急放流を行う可能性があると発表しました。

九州地方整備局は、放流によって川の水位が急激に増える可能性があるとして、下流の住民に対し、川の水位の急な上昇や氾濫に備えて、命を守る行動を取るよう呼びかけています。
緊急放流は異常洪水時防災操作と呼ばれ、通常の放流と異なって、これ以上ダムに水をためられないと想定される際に、ダムに流れこんでくる大量の水を下流に流す操作です。

放流始まる前に川から離れ避難を

ダムの「緊急放流」が始まると、下流では氾濫のおそれが出てくるため、放流が始まる前に川から離れ避難してください。

川の増水を抑える機能があるダムで行われる「緊急放流」は異常洪水時防災操作と呼ばれ、大雨で流れ込む水の量が多くなり貯水できない状態に近づいた場合に流入する水と「同じ程度」の量を放水する緊急的な操作です。下流では氾濫のおそれが出るため、ダムが緊急放流を始める前に、直ちに川から離れて避難してください。