F1 オーストリアで開幕 新型コロナ影響で3か月遅れ

F1 オーストリアで開幕 新型コロナ影響で3か月遅れ
自動車レースの最高峰、F1シリーズが新型コロナウイルスの影響で3か月余り遅れてオーストリアで開幕しました。
世界各地を転戦するF1シリーズは、ことし3月中旬に開幕し22戦が行われる予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で開催が見送られてきました。

シリーズは観客を入れず会場内のスタッフはマスクを着けるといった感染予防の対策を取って、3か月余り遅れて今月3日からのオーストリアグランプリで開幕しました。

5日は、シュピールベルクで決勝が行われ、20台が1周4キロ余りのコースを71周して争いました。

レースはスタートから引っ張ったメルセデスのバルテリ・ボッタス選手が通算8勝目をあげました。

日本のホンダ勢の選手は、7位が最高でした。

第2戦は同じ会場で10日に始まり12日に決勝が行われる予定です。