熊本 人吉市 自宅に取り残された高齢者 救助要請

熊本 人吉市 自宅に取り残された高齢者 救助要請
球磨川が氾濫した熊本県人吉市では、自宅に取り残された高齢者もいて地元の人たちが対応に追われていました。
人吉市紺屋町にある住宅では、がれきなどで出入り口が塞がり、2階に70代の女性が1人で取り残されました。

5日朝早くから親戚や知人の男性たちが確認に訪れ、その場にあった竹の棒で食料などを入れたリュックサックを2階に届けていました。

女性によりますと、水は出るものの、電気が止まっているということで、別の場所に避難するため、消防団に救助を要請することになりました。

親戚の男性は、「きのう、生存確認だけはできていましたが、知人と一緒に様子を確認することができ安心しました。早く救助してあげたいです」と話していました。